FC2ブログ
我が家のお木偶様を中心に、台湾の電視布袋戲についてのアレコレを綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界が息を呑んだ」藤のパラダイス補足編。
ここからは午前10時をまわってからの写真です。
(本編の写真は「花の滝」をご覧ください)

見て!
こんな絶好の撮影ポイントに誰もいない!
080504_R250s.jpg

大型の藤棚以外は、こんな感じで地面すれすれまで花の滝のような造り。
根を保護するために、内側に人が入れないように藤のカーテンで遮っています。
それ以外に遮る柵もがないので、藤のシャワーを浴びるような感じの写真が撮れます。

もう行く先々で藤、藤、藤… 
園内を歩くヒトも、だんだん飽きてきて一々見ていられないのです(^_^;)
昼頃でもまだまだ隙はありますよ~。

080504_R244s.jpg

通路を外れた裏の方は人影もほとんどありません。


080504_R273s.jpg

しつこいようですが、こんな山盛りの藤がまだまだたくさん。


080504_R232s.jpg

白藤のトンネルをハーブ園から見たところ。


080504_R253s.jpg

さすがに大藤の棚のまわりは人がいますが、
これ以上は近づけないという柵で囲ってある最前列まで行けば誰も写りません。
向う側に人がいるのが見えるけど、人が密集しているというほどでもありません。
園内に大棚が3カ所もあり、それもみんな外周が大きいのでキャパが広いんですね。
ただ、みなさん藤に飽きて変化を求めているので野次馬は集まってきます(^_^;)


Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 暁天木偶ぶろぐ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。