我が家のお木偶様を中心に、台湾の電視布袋戲についてのアレコレを綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の野望(もしくは私の妄想)
女の子が欲し~
女の子が欲し~
女の子が欲しいよ~!

君皇木偶の顔はあまり好きじゃなかったはずなのに、ひとりお迎えしたら見慣れたのか、最近君皇木偶の顔が気になります。それとも、木偶屋のサイトで見かける自創小旦が君皇ばかりだからなのか?
あんまり男の木偶の顔は気にならない…ってーか、もう男の画像はクリックすらしなくなって久しいような…。
女の子ならどんなのでも良いわけじゃないんですが、やっぱり偶の小旦がきれいかな~。
造形は霹靂のデザインの方が完成度が高いし豪華なんですが、偶の…何ていうか…フェティッシュな危うさ漂うお嬢さんたちがたまりません。あれはきっと老板の趣味なんでしょうね~(^_^;)
ああ、中国語が話せたら、老板にツッコミ入れて濃ゆい話しができるのになぁ。

はぁぁぁぁ~、お金さえあったら、きれいなお嬢さんたちをたくさん呼んでハーレムが作れるのになぁ。壁一面ガラス張りの収納のキャビネットを特注で作って、毎日毎日きれいな姿を眺めながら暮らすのさ。(鼻の下が長くなりそうだ)
家の中にきれいなお嬢さん方がたくさん住んでいたら、さぞかし華やかだろうなぁ。朝から晩まで可愛らしい声でおしゃべりしたり笑ったり、歌ったり芸事のおさらいをしたり…そう、私は自創小旦の置屋さんをやりたいのです。
外拍のたびに取っ替え引っ替えお嬢さんを連れていって、みなさんと写真を撮ってもらうのです。どうせ女の子は添え物ならば、いっそ添え物の小道具に徹して、きれいな姿で愛想を振りまくのをお仕事にしてしまえばいいのです。その方が、きっと殿方も特定のお嬢さんをキープしてしばられることなく、今日は優しいお嬢さんとまったり、次には色っぽいお姐さんとしっぽり…と、バリエーションも広がるし(・∀・ )
で、外拍終えて家に帰ってくると、さっきまでのきれいなお姐さんが「あ~、今日は疲れたわぁ。ちょっと**ちゃん、お茶いれてちょうだいな」なんて言いながら、禿(かむろ)のお嬢ちゃんに脚を揉ませたりするのです。
「ねえ、☆☆さんてちょっとイイ男よね」
「あら、私は◎◎さんの方がカッコ良いと思うわ」
「え~、でもこの間、あの人×××してたわよ」
「こらこら、あんたたち、殿方の陰口はやめなさい」
「だってぇ、おかあさんてば、ちょっと聞いてよ…」
とかとかとかとかとかとか………
ああ、いかん。鼻血が…(^_^;)

いいなぁ~、そんなおかみさんライフ。
現実は24,000元払ってやっと1人連れてくるのが精一杯だもんなぁ。
…とりあえず、年末ジャンボを買うとするか(・∀・ )

Comment

 秘密にする

あかつきさんは、まだまだ「自創女の子木偶お迎え希望」なのですね。
私も「自創女の子いいな~」と思ってたけど、
霹靂キャラで、欲しい女の子もいたりして。
男の子も、まだまだお迎え希望がいっぱいだけど、
こればっかりは、ご縁ですからね~。

のりーん | URL | 2006/10/28/Sat 14:37[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 暁天木偶ぶろぐ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。