我が家のお木偶様を中心に、台湾の電視布袋戲についてのアレコレを綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人と天守閣
我が家に犬若丸の木偶を迎えてから、城と木偶を撮るのにハマっています。
今までは四季折々の花と木偶を撮っていたのですが、日本の武将には、本場日本のお城が似合います。

と、いうわけで、去年から城巡りを始めました。
はじめは城に関する知識もろくになく、近場で白くてきれいなお城でいいやと思っていた私。
今や戦国武将ブーム、歴女ブームなんてのもありまして、ネットで検索すれば選ぶのに苦労するほど城情報がヒットします。ネットで知識を仕入れ、現地に行って実際に城と関わるうち、自分がとんでもない勘違いをしていたことに気付きました。

日本の城のシンボルともいうべき 天守閣(↓写真は国宝姫路城)
090719_R086ts.jpg

私は、これが 城の本体 だと勘違いしていました。
殿様も奥方様も姫様もみんなここにお住まいで、大奥も全部この中にあるのだと思い込んでおりました。
賢明なる読者の皆様はご存知だと思いますが、実は、この天守閣というのは、消防署の火見櫓と同じ、いわゆる 見張台 なのです。
この中に配置されていたのは、武士の中でも、ひたすら城下を見張るのが役目の身分の低い侍でした。
高貴な身分の方々は、天守閣の下に作られた城の本体、本丸や二の丸と呼ばれる御殿にお住まいで、天守閣に登ることがあるとしたら、それは城を攻められ、もうそこ以外に立てこもる場所がなくなった時です。
必要がなければ天守閣は造られません。事実、日本一偉い人が住んでいた江戸城には天守閣がありませんでした。
(一度立派な天守閣を造ったものの、火事で焼失して以来再建されていません)

確かに美しくそびえる天守閣は、それだけで見る者を圧倒し魅惑せずにはおりません。
失われた城を昭和になって再建したとき、実際には存在しなかった天守閣を勝手に捏造しちゃったなんて城も多々あります。

なぜ、それほどまでに城=天守閣なのか?

それは…

観光客は高い所に登るのが好きだから (一刀両断)
大阪城の責任者が言っていました。
大阪城の正しい歴史を伝えるのと同じくらい、どれだけ集客するかが重要な仕事なのだそうです。
もしも大阪城に天守閣がなかったら、ゴモラは大阪に現れたでしょうか?(違)
今建設中のスカイツリーだって、進捗状況を気にする人のほとんどは「完成したら登ってみたい」と思っているはず。



「物見遊山」という言葉も、どこか高い所に登って遊びたいという意味が含まれているのかもしれません。
登れる場所があれば、とりあえず登らずにはいられないという心理もわかります。
…でも…頼むから…写真を撮っているときに…

ひっきりなしに顔を出すのは勘弁してください…囧rz100808_R164bs.jpg

浜松城、この天守閣しか観光スポットがなくて、途切れることなく観光客が登っていました。
しかも天守閣が小さいものだから、写り込む人が相対的に大きくなってしまい、
フォトショで消せる限界を超えています(涙)
こういう城は、平日の朝に行かなきゃだめですね(^_^;)

最後に一言。 私は、天守に登れない城が好きだ!


Comment

 秘密にする

私はあんまり。。。というか全然お城に興味ないので、
天守閣やら本丸やら何にもわからない。
でも、でっかいのがドーンとあればかっこいいわな!
全く登りたいとは思わないけど。
遠くから見て楽しみたい派です。
ズバリ言って、軍神さまのための単なる背景です!
ばたこ | URL | 2010/08/17/Tue 19:05[EDIT]
行楽シーズンだと、天守閣に登るまで1時間待ちなんてこともあるそうで。
そこまでして登っても、ちゃんと展示を見る人は少ないと思うのだけど
結局、てっぺんから顔を出すのが目的なんでしょうねぇ。

天守閣、あまり大きいと写真撮りにくくないですか?
あと、本当に山の上の敷地ギリギリに立ってる天守閣。
ふもとの下の方からしか写真撮れなくて困ります(^_^;)
総合すると、岡山城はかなり条件良いですよ!
見え良し、足場良し、交通の便も良し!
曉@仔犬丸 | URL | 2010/08/20/Fri 11:41[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 暁天木偶ぶろぐ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。