FC2ブログ
我が家のお木偶様を中心に、台湾の電視布袋戲についてのアレコレを綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無腸の無は無情の無…orz【鍘龑史13】
内省的で生真面目で打たれ弱い北野二副とは対照的に
どんな状況でもマイペースで余裕綽々なのが無腸。

剣で切られるどころか、体に風穴開けられても、あっと言う間に復元するという
〈玄武身體〉の武功を修得したためにオカマになっちゃったらしい(^_^;)
そういえば、封靈島で陰陽師が書き残した『陰陽雙冊』を拾った經天子も
技を修得中に、突然言動が女(陰体)っぽくなっちゃたりしたこともありましたね。
金庸の小説では、絶技〈葵花宝典〉を修得した東方不敗が云々というのもあるから
武侠ものでは、時々あることなのかもしれません(^_^;)
それにしても、この般若のような顔でオカマってセンスが素晴らしい。
誰がこの姿を考えたんだか…

東贏忍者のくせに、なぜか武器が「水袖」なのかよくわからない無腸。
(水袖ってのは、中国女性の衣装についている長い袖です)
ひょっとして東瀛にいる頃から、中原侵略のために修行をさせられたのでしょうか。
それ以前は龍齋十三介ばりの強面美形だった…なんて設定だったりして(ありえん)

作戦・戦闘中も口から出るのは「男漁り」の話ばかり(^_^;)
ひとかどの将軍を相手に闘うときも
「ステキなお兄さん、私とちょっと遊んで~」と、全く危機感がなく。
敵地に侵入して見張りの兵士に忍び寄り、背中に手で線を引いただけで首がポロリ!
「もう、全然いい男がいないわ~」とブツブツ。
大勢の覆面兵士を相手に水袖でバッサバッサとなぎ倒しながら
「なんで私が、こんな醜いのばっか相手にしなきゃいけないの~?」と、こぼしまくり。
あげくに「そうよ、誰かを助けて入れ替わればいいのよ~!」
…と、わざわざ対戦中の味方を退けてまで高手と手合わせをしたがる…
そりゃ、ダメージを受けても傷つかない体をしているから余裕もあるんだろうけど
それを差し引いても…
無腸、実はすごく強いんじゃないの???

その無腸、東贏四異の1人として、夜摩市のために紫耀天朝軍と戦いますが…

(この先はネタバレだよ~ん)




紫耀天朝との海岸攻防戦。
例によって無腸は無傷で闘っていたけれども、
刑天は二副を逃がす為に犠牲に。
朱蛾は八津蠻に捕まり、二副と窮奇は辛くも戦線離脱。
無腸もやむなく戦闘放棄。

紫耀天朝の将軍たちに捕まり、刑天の屍の前に引っ立てられる。
弁慶のごとく矢ぶすまになって壮絶に立ち往生している刑天を見せつけられて一言。
「いい男が台無しねぇ…」
同修の仲間が死んだことより、イケメンが一人ダメになっちゃったのが悲しいって…!
『ああ無腸』(違)
無腸の無は無情の無~orz

千流影が「コレは二軍師の報告にあった無腸か?」と将軍たちに問えば
「人形師ってば、あたしのことをを覚えてくれたのね」
「他の将軍たちに、あたしの紹介までしてくれたなんて…いやん」

「イヤン」じゃねーよッ!!(ノ`д´)ノ彡┻━┻

ところで、ここで無腸が人形師に執着しているのを見て取った将軍たち
「どうやら、二軍師にご執心のようだな」と、
やけにリラックスして軽口を叩き始めたような気がするのは、私の錯覚?
標的が自分でないのがわかって、すっかり安心したのでしょうか?
そんな小ネタに喜ぶ私です(^_^;)

危機感もないけど、忠誠心も持ち合わせていない無腸。
皇殿に連れて行かれるなり、紫耀天朝の臣下になりたいって…!
自分から投降ですか~!
東贏にもこんな腰抜けがいたとは、と嘲笑う六禍蒼龍に向かって
「あら、陛下それは誤解よ。中原の人は“良禽は木を択ぶ”っていいません?」って、
この鉄面皮!

え"ッ!? 禍皇? 
無腸を病梅先生に預けるんですか!?
そんな、先生大丈夫? 
今は魔龍祭天が中に入ってるけど、病梅先生が正気に戻ったら
無腸を相手にできるんですか~!

心配、心配、あの繊細な病梅先生が、無腸を相手に神経衰弱にならないかしら…


魔龍祭天、早く体返せって言ったけど、もうちょっと中にいてもいいよ…(殴)

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 暁天木偶ぶろぐ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。