FC2ブログ
我が家のお木偶様を中心に、台湾の電視布袋戲についてのアレコレを綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏切り者~ヽ(TДT)ノ【鍘龑史13集】
おお~っといけない!
いきなりネタバレを叫びそうになっちゃったよん(^_^;)
ネタバレは、一応追記の中で。

全然関係ないけど鬼伶仃の前髪が気になります。
なんで一房だけ、おでこの真ん中から生えてるの~?
衣装のせいで、角度によってえらく体が大きく見えるのも気になります。
木偶って体がないから衣装で体格を推し量るしかないでしょ?
こんな細面で、体だけえらい太って見えるのはどうかと…。

彼が九江春を捕えにやってくるのは絵になりますね。
九江春も細身の文人系かと思いきや、いきなり琴をぶん回しての立ち回りは凄い!
いや、カッコいいんだけど、もっと楽器は大事に扱ったほうが…(違)
琴を武器にして闘うのは、でも、開彊紀の伯藏主の方が数段優雅でしたね。
…って、沙伯、黙って見てないで九江春を助けないのか!?
連れて行かれるのを笑って見送るってどうなんですか~?

と、いうわけでこの先は、言いたい放題、ネタバレ満載の東贏忍者祭です(^_^;)
(…今回は長いよ)

どうやら八津蠻にえらく気に入られてしまった朱蛾ちゃん。
捕えられ、牢に入れられただけでも屈辱的なのに
折りに触れ、あれこれとちょっかいを出してくる彼を、女を嬲る痴漢呼ばわり。
でもこの八津蠻の態度って、考えようによっては、朱蛾ちゃんを守るため?
捕虜とはいえ、若い女の子だから下衆な牢番に悪さをされないとも限らないし
ここで将軍のお気に入りの女囚だってことを牢番に知らせておけば、
牢番もうかつに手を出せないし…?
態度は頑ながら、そんな彼の気持ちに気付いていたのか朱蛾ちゃん、
ある日、下手な変装をした八津蠻の手引きで脱獄することに。

二人で愛の逃避行~…と、なるかと思いきや、紫耀皇殿から数里離れたところで
朱蛾ちゃんの武器の巨大巻物を返し、ひとりで逃げるように言う八津蠻。
「一緒に逃げないなら、私を逃がしてくれた意味がないじゃない」と朱蛾ちゃん。
ああ、もうこの娘はっ! すでに彼を置いてひとりで逃げるつもりはなかったのね!

「おまえが俺の気持ちを解ってくれたなら、それでいい」

うわ~っ! なんてことを言うんだこの男は~!(>_<*)
もうこれで朱蛾ちゃん、確実に恋に落ちてしまったわよー!
敵であるはずの八津蠻を疑う気持ちなんて、もうこれっぽっちも残ってないの。
八津蠻は立場を捨て、仲間を裏切ってまで自分を逃がしてくれたんだもの。

恋する乙女心は微塵も疑うことを知らず…・゚・(ノД`)・゚・


すっかり心を許しちゃった朱蛾ちゃん、
「一緒に来て、誰よりも男心を理解できる無腸と話してもらったら、
 きっともっとあなたのことがわかるのに…」
…みたいなことを言っているようですが、イマイチ中文がよく解りません(T∧T)
ワタクシ的に萌えポイント高いセリフなんですが、間違ってたら誰か教えて~。

…それはさておき
胸いっぱいの恋心とともに、うっかり仲間の待つ本拠地・嵯峨野に戻ってきてしまう朱蛾ちゃん。
(何で中原に嵯峨野が?)
驚く仲間に「八津蠻逃がしてくれたのよ」と自慢げに…。

…と、ここで北野二副、張り巡らした鳴子の警報を聞きつける。
「朱蛾、お前騙されたな!」
とたんに飛来する火箭と暗器の嵐!
すでにまわり中を紫耀天朝の大軍に取り囲まれて、大ピーンチ!

なんてこと~! 
八津蠻たら、朱蛾ちゃんを逃がすフリをして
アジトに案内させたのね~~~~!!ヽ(`Д´)ノ


ひどいわ、ひどいわ!
乙女の純情を利用するなんて~~~!!!
おまけに、刑天を助けようとした朱蛾ちゃんが、背負った巻物を広げると
暗器のかわりに毒沙が吹き出して刑天を襲う。
ぎゃー! 親切に返してくれたんだと思ったら、巻物に毒を仕込んだわね~!
騙されたとはいえ、状況的にはすっかり裏切り者になってしまった朱蛾ちゃん。
もう東瀛には帰れません。
どこにも身の置き場がないから、八津蠻のところに来るしかない…
…って、そんな作戦かよッ!ヽ(`Д´)ノ

そのとき北野二副は、千流影と死闘を繰り広げていた…
敵は太子将軍、二副ごときと一騎打ちを続ける義理もなく(T∧T)
太子の命令一下、雨霰と飛来する暗器の嵐!
二副、危うし! と、飛び込んできたのは刑天。
殺到する暗器に背中をさらし、身をもって二副をかばう!
「速く逃げて!」
血まみれの形相で告げる刑天!
…って、何を固まっているんですか二副~!
本来ならここで、一番強いあなたが一発大技をかまして敵軍を牽制し、
その隙に手下もろとも逃げるってのが定石じゃないんですか~。

北野君…
手下を捨てて逃げることができなかったのよね、きっと。
自分が守らなきゃいけないはずの手下を、危地から救えないどころか
刑天が、命を捨ててまで自分を逃がそうとしたことにショックを受けて
動けなくなっちゃったのよね~~~・゚・(ノД`)・゚・
でも、実際にもう刑天は矢ぶすまになっちゃって到底助からないんだから
彼の命を無駄にしないためにも、心を鬼にして逃げなくちゃ~!
しっかりしろ、北野真!!!!




やっぱり前回失敗した時点で、アラスカに送っておけば…(違)





ところ変わって心築情巣…
もしもし莫よ、莫召奴さんよ。
燕帰人と風飛沙に、何を渡したんですか!?
“東贏忍術に対抗するトラの巻”???
「裏切り者~!」(>_<*)
…って、思わず叫んでしまった私。
そりゃぁ、侵略はいけないよ。
いけないけど、だからって東贏忍術の秘訣をガイコクジンに教えちゃうなんて~!
うわぁ、日本人の私が本気で東贏の侵略軍に肩入れしちゃったらシャレになら~ん。
…そういう意味じゃないんです~。
なんかこう、門外不出の伝家の武訣とかを簡単に他人に教えちゃうって、
武人としてどうなのかと (;´Д`A ```
正義のための戦いだから、敵国の情報を伝授するのは問題ないのかな…
なんだか釈然としない一件でした…

普通、江湖と一般社会は別れていて、武人は国家レベルまで干渉しないよねぇ?
紫耀天朝を打ち立てて、急に統一国家を築くとか言ってますが
それ以前は、江湖以外の一般人も無政府状態だったの?
蛮族の首長は出てきたことがあるけど、中原には元首はいなかったの?
霹靂って武林と国家一般と混ぜこぜで、よくわかりません。
…きっと、そのへんのことは深く考えちゃいけないんだな…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 暁天木偶ぶろぐ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。