FC2ブログ
我が家のお木偶様を中心に、台湾の電視布袋戲についてのアレコレを綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼次郎くん、さようなら【開彊紀38集】
この人は存在自体がネタバレですから…(^_^;)




ちょっと隠密行動のはずが、莫召奴に惚れて?出たきりになってしまった誰かさんのかわりに
影武者?でがんばっていた鬼次郎くん。
玉藻先生と二人で考えた作戦を莫召奴に破られて、呆気なく退治されてしまいました。



090516_2149.jpg


戦闘中にチラッと見えた顔が、意外に若者でちょっぴり萌え。
最後に露身した雑魚忍者とは、顔が違うように思ったのは気のせい?
ちょい役だから、テキトーな脇役木偶をあてがっただけなのでしょうか。
あくまで気の毒な影武者人生です。

…莫召奴が駆けつける前の殺戮の様子が、惚れ惚れするほどカッコよかった…
なんて言ったら鬼畜でしょうか(^_^;)
長い刀を振り回して、手当たり次第に斬りまくる姿が美しくさえありました。

さて、この後は本物の源さんの登場ですね。
楽しみですわ、ほほほほ~。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 暁天木偶ぶろぐ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。