我が家のお木偶様を中心に、台湾の電視布袋戲についてのアレコレを綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神鶴佐木さん復調(開彊紀)
相変わらず亀ののろいの霹靂鑑賞。
幸か不幸か、また仕事も増えてきて、霹靂を観る時間は減ったけど
収入も少しは増えて一安心。


そんなこんなで、まだ開彊紀17集あたり。
突然非凡公子が出てきてビックリ!!!
あれは誰のコスプレですか?
え? コスプレじゃなくて楓神官の作り出した幻影?
いや~驚きました。
相変わらず涼しげな好男子で、天まで響く高笑いも健在。
幻にしては、よくできておりましたです。

ところで汲無蹤はなんで1人っきりで東瀛侵略軍と戦っていたのでしょうか?
他の人は全員で普生大師の記憶回復作戦にかかりっきり?
汲無蹤を1人で死なせてもしかたないほど、全員必要だったの?
せめてあと1人高手を防衛線にまわしても良かったんじゃないかと思う私は
素還真の高潔な気苦労を理解しない凡人なのでしょうか。
作戦途中で一騎当千の流主が東贏侵攻に気付いて
「あ、いかん。オレがリーダーぢゃん」(そんな話し方はしない)
って敵に回ろうとしたら、総力戦でないと止められないとか?

例によってギリギリのタイミング……中原を守るには間に合うけど
汲無蹤を救うには間に合わないタイミングで駆けつける素還真。
いつにもまして「前輩Ah~!」が空々しく聞こえてしまう悲しい私でした。
私、素還真は決して嫌いじゃないですけど、どうもこのシリーズはいけないように思えます。
実は劇集によってイメージが一番変わるキャラかもしれない。

その後の「普生大師が戻ってよかった…汲無蹤前輩はアレしちゃったけど…」
みたいな、この軽重の差はなんでしょう (;´Д`A
実は死んでいなくて、この後、傷を癒しながら無事引退というシナリオなのか。
でも、この時点ではあまりに酷い扱いでございます~・゚・(ノД`)・゚・

わたくし的には非常にフクザツな状況なのでございます。
なぜなら…
(ここから先は朦人のタワゴトなので、おヒマな人だけ…)
なぜなら、わたくし神鶴佐木さんに片足ずっぽりはまってしまいまして…( ー////ー;)

我ながら意外すぎる展開で戸惑っておりますが。
このシリーズ、一目で惚れるほどのキャラはまだいないけど、なかなかシブい人が多くて。
(他に誰とは言いませんが。言うほどじゃないし)
佐木さんも地味な造形で。ええ。
でも、話し方や物腰がどえりゃあクール。
慈愛をたたえた、あるかなきかの笑みが絶妙。

 最近の木偶屋のレプリカは思いっきり笑っていますが(^_^;)
 あんな笑い方ができたら、こんなに苦労はしなかったんじゃないかと…

なんですか、大昔に、えらい苦労をなさったようで。
仲間だと信じていた人たちに総掛かりで殺されかかったり?
日本を追われ、大陸に渡って悟りをひらいて大師にまでなったとか。
この平常心は苦労の末の悟りの賜物でしょうか。
…よくわからないくせに勝手に盛り上がる私(・ω・)

確か成美かどこかに、普生大師の木偶がありまして。
あのバケツ(バケツゆーな!)を被っていない、ええ、素顔バージョン。
古い木偶ってことをさっ引いても、すごい坊主頭で…orz
なぜ潔く剃り上げてしまわないのか、逃亡中にのびちゃった設定なのか。
ええもう、そのバケツは一生かぶっていらしてくださいましね…と思ったものですが
新造形、よく見たら背中に長髪が垂れていますね~!(@▽@)
ひゃ~! 引退なさってから、髪をのばしていたんですか~!
こうなると、あのバケツの下が見たいですね。
黒髪の直毛!!!!
ど~んな凛々しい髪型なんでしょう?
(ええ、モミアゲは見えてません、私)
額に1粒ビンディが入っているってことは、額のハンコのようなお灸の痕もないだろうし!
この先、あのバケツを脱ぐことはないのかしら~?

…そんなに盛り上がっていた佐木さんなのに、この一件で、ちと暴落気味な今日この頃です…orz

Comment

 秘密にする

やっぱり素還真にダマされた~。

あかちき | URL | 2009/03/02/Mon 23:41[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 暁天木偶ぶろぐ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。