FC2ブログ
我が家のお木偶様を中心に、台湾の電視布袋戲についてのアレコレを綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ろうよ、十三介!【神州1集】
というわけで神州を見始めました(・ω・)

え~、開彊紀終了時点で、どこまで話が進んでたんだっけ?

聖閻羅をはじめ、リニューアル地獄島のヒト達はアレしちゃったし…
仙霊地界は封印、神官達は現世に残って…
おおかた、悪者は退治られて特に緊迫する場面もないよね…

…と、思ったら、龍齋十三介が問天譴と対決してる~~~!

以下ネタバレ

つづきを表示
スポンサーサイト

神州に進むぞ!
え~、鍘龑史を観終わって、そのまま開彊紀をまた観ようと思ったのですが
某動画サイトで東瀛の動画を観ていたら、真田太宰がものすごく気になってしまいました。

真田さん、雷霆で出てきたときにはジジイだったはずなのに
何がどうなって若返ってしまったんでしょう?
やっぱり金と権力に物を言わせて、市井で評判の美少年を誘拐してきて
生き血をすすっていたり…

…って、そんなわけあるかー!!ヽ(`Д´)ノ


…そうじゃなく!

にっこり笑顔の裏に何を隠しているのか底知れない真田太宰、
でっかいテーブルに差し向かいで、犬若丸と何を話しているの~!?
(この時代、大きなテーブルは日本にないはずなのには目をつぶる)
いいかげん開彊紀も3回目だし、開彊紀だけじゃ東贏編完結しないし
ここはやはり神州に進むことにしました(・ω・)

…ちょっと心配なのは、誰か妙にツボにはまっちゃった場合
そろそろ神州あたりのお木偶様が台湾のオークションに出品されているので
うっかり増員しそうで怖いです(・∀・;)
真田太宰…京都辺りのお祭りの山車かと思うような装飾てんこ盛りの
あの頭はないだろうと笑ったもんですが…
すでに開彊紀の予告画像を見て、
あれだけ笑ったはずの犬若丸と偽軍神にハマっちゃった自分が信用できません。

いや、もうこれ以上木偶が増えても、置くところないし。
てか、買うお金もないし。



つづきを表示

司馬無悔【開彊紀5集】
キャラクターをよく知らないで観た時はそれほどでもなかったけど
【鍘龑史】まで戻って、どういう人物なのか知ってしまうと不都合なことも…

拳宗傳人にして紫耀天朝の驍騎將軍・司馬無悔。
終止拳術を宗として、いかなる武器にも徒手空拳(と言うのか?)で立ち向かう。
実直な正義漢で、天下太平のため六禍蒼龍の禁武令に共鳴し自ら紫耀天朝に参じる。

とにかく強い。
武功にも勝れているけれど、信念の強い一本筋の通った好漢でブレがないんだな。

あんたのおかげで、どんだけ東贏忍者達が苦労させられたことか…orz
それでも私ゃ、あんたを天晴とこそ思え、一度だって恨んだことはありゃしません。


以下ネタバレ…


つづきを表示

【鍘龑史】の最終回は【開彊紀】の第2集にアリ


          私は六禍蒼龍が好きでした。



つづきを表示

「船首、お達者で」【鍘龑史18集】
毎年夏になると仕事が忙しくなる私。
朝出勤して夜中に帰宅。これじゃ好きなことは何も出来ないよ~!
…とんでもない。けっこう時間は作れるものです。
朝の電車はさすがに無理だけど、昼休みと帰りの通勤時間に
ポータブルDVDプレイヤーで霹靂鑑賞。
おかげで何とか劇集は観られるのですが、感想を書いてる暇がない(^_^;)
毎日数十分。日ペンの美子ちゃんもびっくりのコツコツ鑑賞で
いつの間にやら鍘龑史も見終わり…

とはいえ、これだけ騒いだからには書いておかないとねぇ。


 北野真、素還真に斬り掛かるのは無理だ (>_<*)



というわけで、この先ネタバレ。

つづきを表示
Copyright © 暁天木偶ぶろぐ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。