FC2ブログ
我が家のお木偶様を中心に、台湾の電視布袋戲についてのアレコレを綴ります。

映画『聖石傳説』上映会
恵比寿にある東京都写真美術館での映画『聖石傳説』上映会に行ってきました。
先月の川崎は観客数が少なかったのですが、今回は都内で交通の便が良かったせいか8割ぐらいは席がうまっていました。やっぱり東京って人の集まりが違うな~。

11月に行った川崎の会場では、伝統布袋戯の小さい木偶や「ひょっこりひょうたん島」の人形(本尊)が展示されているのを見ながら、ここに電子木偶も展示したらいいのにな~とは思ったのです。お客さんは、やっぱり映画の中に出てくる人形を見てみたいんじゃないかと。
たまたま川崎の時は会場が緑地公園のなかにあったので、同行の人たちと開場前に紅葉写真でも撮影しようとみんなで木偶を持って行っていきました。そうしたら、それを見た主催の現代人形劇センターの方も同じことを考えたらしく、今回は映画に出演している木偶を持っている人に打診があって、素還真と青陽子を展示してもらえました。
ちゃんと名前と役どころを書いたプレートまで用意してくれましたよ!
(傲笑紅塵は、オーナーさんの家も仕事場も東京から離れた場所なので準備できず残念です)
私は上映時間ギリギリに駆け込んだので、それより前のことはわからないのですが、上映が終わってアフタートークまでの休憩時間には、木偶の前に人だかりができていました。
今見た映画の中の登場人物(人形だけど)が目の前にいるんだから、きっと興味深かったと思います。撮影に使われた本尊ではなくレプリカですが、大きさや作りはほとんど同じなんだもの。
聞くところによると、昼間会場である写真美術館に来館した一般の人が、飾ってある電視木偶を見て興味を持って夜の回のチケットを買っていったそうです。
すごいぞ木偶効果!
な~んて、私は映画版の木偶を持っていないので、私の手柄じゃないんですけどね(^_^;)

上映会のあと、せっかくだからということで、おされなクリスマスイルミネーションで賑わう恵比寿ガーデンプレイスで記念撮影(^_^;)
あたりまえですが、イルミネーションは暗い場所にあるので撮影が大変。
ボケボケ写真ばかりですが、一応貼っておきます。


RIMG0425.jpg



06-12-15_21-39.jpg

↑よく見えませんが、後ろで輝いているのはバカラのシャンデリアです。


06-12-15_21-54.jpg

スポンサーサイト

新人さん
渡台中のRさんが写メールで自創小旦の写真を送ってくれました。
直接買いに行けない私のために、わざわざ木偶屋で見かけたかわいいお嬢さんを撮って送ってくれたのです。感謝感激。
でもやっぱり、こればっかりは出会いというのでしょうか、ピンと来るお嬢さんはいないようでした。これが実際に目が合っちゃったらクラクラ~っと落とされてしまうのかもしれませんが。
とにかく欲しいと言いながら、実はかなり明確なイメージがあるのです。
白露の時は1人目だったから、どんなイメージでも可愛ければよかったのですが、今度は白露とキャラが被らない、色っぽくて活発なお嬢さんが欲しいのです。
ものすごく美人だけど、ちょっとおとなしいお姉さんとか、えらく色っぽいけど美美より豪勢で小經より持ち運びに苦労しそうな女王様とか…みんな美人なんだけど、ちょっと違うのです。

ああでも、わざわざ写真を送ってくれるRさんには本当に感謝です。
ありがたや、ありがたや~。
Copyright © 暁天木偶ぶろぐ. all rights reserved.