FC2ブログ
我が家のお木偶様を中心に、台湾の電視布袋戲についてのアレコレを綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親バカ炸裂・紫陽花ギャラリー
《2006年6月25日:府中市郷土の森博物館にて、血變が撮影》
060625_gaku2_s.jpg

親バカ炸裂の写真が続きますが、よろしければ続きをどうぞ(^・^)

つづきを表示
スポンサーサイト

紫陽花の精~(^・^)
本日は毎月恒例の日本丸展帆を見に行くはずのところを、うっかり遅刻してしまいました。
桜木町の駅に着いてホームから見ると、だいぶ展帆が進んでいました。自分で遅れておきながらいきなりグレて、そのまま逆行して府中へ。
Rさんのサイトで紹介されてた紫陽花スポットまで、ラストチャンスにかけて行ってきました。


060625_purple1_s.jpg

行ってよかった…(感涙)
あたしゃ、紫陽花ってのは白露のためにある花じゃないかとさえ思ったサ。(親バカ)
時期的なものかピンクの花は少なかったけど、青も紫も白も、どんな色の紫陽花でもマッチする青&白色の露姫。通りすがりの奥さまに「まあ、まるで紫陽花の精ね」とほめられました! やったぞ白露! プリンセス・テンコーから格段の出世だ!(?)
惜しむらくは、オーナーのくせに自分の木偶が一番きれいに見えるアングルを把握していない私のせいで、不好看に見える写真が多かったこと。おまけに、いきなり思い立ったものだから、デジカメがなくて携帯で撮ったのでホワイトバランスがダメ。
うーん、被写体はよかったんだけどな~。

その他の写真はまた次の機会に~。

GWの思い出・5/5 どるぱ~
この日は、前日の昭和記念公園に行ったものの全然出番がなかった美美が登場です。
売り物がさばけた頃合いを見計らって、空いたスペースにお邪魔しました。

ばたこ家・涙涙。
060505_MeiLei_15-041_s.jpg
おとなしいキャラかと思ってたけど、とんでもない! 
美美と並んでも引けを取らないほど凄い迫力です~!
昨日、白露を持て余していた人とは思えません。
かっこい~!(ホレボレ)


「肝の据わった男ね。気に入ったわ」
060505_MeiLui3_s.jpg
危うし涙涙。うっかり男気を発揮したばかりに、お嬢に気に入られてしまったようです。




                   「おめでとう涙涙、うまくやれよ」
060505_BakLui1_s.jpg
(莫莫まで…そんな…)
「お持ち帰りはできるのかしら?」
お嬢、(家主は嬉しいけど)よその男を持ち帰ったら兄君がウルサイです~(;´Д`A ```




          「お待ちください!」
060505_hakui1_s.jpg
そこへ颯爽と現れたのりーん家白衣。涙涙の危機を見て助太刀にきました。
「フフン。かわいい坊やが生意気に。ケガをしないうちにお退き!」
白衣くん、そのヒト人間じゃありません! 殺霊です! 逆らうとマジヤバイっす~!
「確かに私は修行中の身、しかし『義を見てせざるは勇なきなり』と申します」
「猪口才な。そなた1人でこの私を止められるとでも思っているの!?」



060505_retsu3_s.jpg
「いいえ、私1人ではありません!」





060505_retsu2_s.jpg

「屠妖殺式“小さく前へならえ”の陣!」

「さっさとお退きっ!」




この後、我家に涙涙が来なかったところからして、どうやらのりーん家白衣は、無事に涙涙強奪を阻止できたようです。若いとはいえ、なかなか頼りになる青年ですね。
(そういう話なのか~!)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〈おまけ〉
060505_Meimei1_s.jpg
ふと気付いたら妙なカッコで座っていた美美。
「しな」を作っているのでしょうか?(^_^;)
これで安定していたから不思議だ・・・。

GWの思い出・5/4 昭和記念公園その2
今回、初めてお会いした殿方たち。

まずはへべれけ。家・續縁君。
060504_zokuen2_s.jpg
強い日差しを逃れて木陰でお話し。一緒にいる相手によって印象がガラリと変わる白露、續縁君と一緒の時は幼女のように素直に見えます。
大人達の目を盗んで木陰に隠れた幼なじみといったところでしょうか。
このオオデマリ(花)を見つけたのは、去年やっぱりへべれけ。さんとここへ来たときでした。
大きな房が華やかでありながら、どこか清楚できれいな花です。この花を見るために、この時期ここへ来ると言っても過言ではありません。


060504_kyouto1_s.jpg
続いては、もろ家・狂刀サマ。
優しくリードしてくれる大人の男性タイプです。実は、白露はこういう大人の男性といるときが一番真価が発揮されるような気がします。クールな美女だけど、それを生意気に見せない男性の包容力のおかげで、1人でいるときより数段きれいに見えます。
役得、役得~。



060504_kyouto2_s.jpg
「どうしたの、急に涙ぐんだりして」
「ごめんなさい。ちょっと思い出しただけ…」
なーんて、甘えてみたりして(^_^;)
背景の紫のチューリップの色が2人といい感じだったので、この写真を使ってみたくて。この2人もたくさん写したのに、人が多すぎてバックに人が写りこんじゃって、全然使える写真がありませんでした~。残念。


060504_baku1_s.jpg
まるで誂えたかのように色の相性ピッタリな、ばたこ家・莫莫。
でもこの写真は日陰で撮ったから、真っ青になっちゃって台無し~。
おまけに「かわいい度」では白露が負けているような…(;´Д`A ```
莫莫の方が赤いチューリップが似合うのは、女として、ちと悔しい?

060504_baku3_s.jpg
「あら? どなたかこちらを見ていらしてよ」
「ただの護衛です。どうぞお気になさらず」
「でも、とても思い詰めたご様子で…何かおっしゃりたいことがあるのではなくて?」


060504_luilui1_s.jpg
「あの…もし、そこのあなた…」
(……!?)
盛大に裾を引きずりながら涙涙に寄っていく白露。
これまた余計なことながら、天然だから気が回るはずもなく…。
とり残されて、離れた場所から2人を見つめる莫莫。
なんだかいつもと構図が逆ですね(^_^;)


060504_BaiLei_15-511_s.jpg
うわぁ、珍しい涙涙のビックリ目!
すっかり白露を持て余しています。これは相当女の扱いに慣れていないと見た!
白露も、ひとりですましてないで涙涙の様子に気づけよ~(^_^;)


060504_mizube_s.jpg
水辺に集まった皆様。中央は門外不出と言われていた破魔矢家・莫召奴サマ。
ちょうど風のせいで髪がかかってしまい、美しいお顔が隠れてしまいました。
おまけに面倒くさがり屋の家主は、視線をお木偶様に合わせることもしません。
あーあ、ここの背景はきれいだったのにな~。せっかくの写真が台無し。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明るいところはまだしも、光線が難しくなるととたんに画質が落ちる~。
そんな理由で使えなかった写真多数。
やっぱり携帯より、ちゃんとしたデジカメを使おう。
くうぅぅぅ…。

GWの思い出・5/4 昭和記念公園その1“白衣祭”
す~っかり忘れていましたが、ご報告の続きを・・・(^_^;)


まずは今回ご参加の皆様。
060504_syugo2_s.jpg
多すぎて各自のお名前はご紹介できません。気になった方はお問い合わせください。(手抜き~!)


060504_hakui1_s.jpg
この日は白衣剣少大集合の“白衣祭”でした(笑)。
一番手はのりーん家白衣。初対面でいきなり腕をとられて、びっくりの白露。
大きな目が印象的なのりーん家白衣は、若さを武器に、ストレートで物怖じしない素直な好青年のようです。


060504_hakui2_s.jpg
続いて二番手、楽夜家白衣が現れました。
家主が知る白衣の中では群を抜いた「王子キャラ」。品の良さ+意志の強さ+甘いマスクにちょっぴりワイルドなところが何とも言えない二枚目です。白衣には本当は弟がいるはずですが、この王子に限ってはひとりっ子にしか見えません。
愛しの王子の出現にほっとした白露、どうですこの笑顔?(^_^;)


060504_hakui3_s.jpg
白衣祭トリは大哥・水神白衣が堂々の登場。
この方は白衣とはいえ彫刻師が違うので、他の2人とは全く雰囲気が変わっています。潮州君皇の面目躍如、眉間の皺もないのに張りつめた表情で、少子(王子)のはずが王者の貫禄すら漂います。怒らせたら怖いぞ~(^_^;)

雨がきらい
白露は雨がきらい
日本にくるとき、飛行機の雨漏りのせいでひどい目にあったから、雨がきらい
雨が降るとおでかけができないから、雨がきらい
今日は、大好きな王子と2人きりのデートのはずだったのに
朝から降られて行けなくなっちゃったから、雨がきらい
ガラス越しに雨空を見上げては、ため息をつき
天を恨むことを知らない乙女は
ただただ、雨が降るのが悲しいのです


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちくしょー、なんで雨降るんだよー。
でかけらんねーよー。
(by家主)

白玉お披露目~
と、いうわけで、白玉を囲んで我が家のお木偶さま集合。
白玉が来てから初めての家族写真の撮影です。
06-06-07_23-17.jpg
小經「では皆、カメラの方を向いて…」
クロ「きゃ~!いたいよ~!」
小經「これ白玉、写真を撮る間ぐらいじっとしていられぬのか!」

06-06-07_23-161.jpg
小桃「こらぁ!クロをいじめるな!」
白玉「こいつ虎のくせに弱すぎ~!」
おぉ~っと、いきなり動物虐待か白玉~。
小桃兄ちゃんが叱った程度じゃ、全くこたえないようです。

06-06-07_23-35.jpg
白玉「うぎゃー! なんだよ、放せよ~!」
美美「このいたずら小僧、クロの毛皮を傷つけるなというに!」
クロ「ボクの毛皮をどうする気~(大泣)」

何やら前途多難な玉ちゃん一家でした…(^_^;)

写真が取り出せない~?
メインマシンを「シロ」(白いi-book)に換えたのはいいけど、シロはカードリーダーを読み込めません。てっきりドライバをアップデートすればいいんだろうと思い込んでいたら、にゃーんと、ウチのカードリーダーはWindows機専用でした~。そりゃ読めないわな~。
ちゃんちゃん・・・で済めばいいけど、携帯をメインカメラにしているのに、中身を取り出せないでどうするんですか~!
まだ先週の横浜の画像も出していないのに~!

ちなみにシロは最近流行の「Bluetooth」対応です。
血變(携帯)もBluetoothが使えるので、こりゃしめた!と思ったのに、1枚ずつしか送れないだとー! 使えね~!
だめだこりゃ。

まるで悪ガキ?
白玉を迎えに行って来ました。
小さいくせに、服も飾りも豪華でびっくり。よくできています。
豪華な衣装だけど、壊れるような部品がついていいないのが何よりです~。

…と、思って割とホイホイと扱っていたら
…頭をつかんだ拍子に額の十字飾りが取れ
…頭髪が数本根元から抜け
…さあ帰るぞという段になってよく見たら、裾のパイピングが破れていました(-_-;)

額の飾りが取れた接着剤の痕は、転んでおでこを擦りむいたかのようにも見え、まるで暴れん坊が服を破いて帰ってきたかのような有様です。
もちろん全部私がやったことなのですが、なんだかすごくキャラにはまっているみたい。
なんて勝手なことを言ってますが…
正直、この先も我が家で無事にすごせるとは思えません。壊さないように大事に扱うよう私に言い聞かせます(^_^;)
あう~、小經に見つかる前に修理しなきゃ~。

↓倉敷チボリ公園でアンデルセンにかみつく白玉…060604_125andersen1.jpg


Go West!
突然思い立って、倉敷のチボリに行って来ます。
以前から気になっていた場所です。写真の撮りがいがありそうなので楽しみ~。
ついでに大阪に寄って白玉を連れて来ます。

・・・GWの写真も整理してないのに、また出かけるか~!
Copyright © 暁天木偶ぶろぐ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。