FC2ブログ
我が家のお木偶様を中心に、台湾の電視布袋戲についてのアレコレを綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

譜面スタンド・レポート1
先日改造したスタンドを持って横浜に出かけました。
結論から先に言えば、非常に優秀です!
その1:芝生に強い
下の写真はMM21のマリタイムミュージアムにあるお庭。下は芝生。一緒に行ったLさんの木偶スタンド(今まで白露が使っていたのと同じ金属ディスクのもの)は、木のディスクに比べると安定感はあるけど、芝生のように表面がモコモコした場所だと「面」で支えるスタンドは安定しないのです。その点「点」で支える譜面台は、多少のデコボコやモコモコも気にせずしっかり立つのでした。
060528_wind15-12.jpg
その2:風に強い!
もちろん限度はありますが、普通の風ぐらいならビクともしません。薄物の衣装なら風になびく姿も撮れます。3点支持の場合、向きに注意。

軽すぎて頼りないかと思われたアルミ譜面スタンドでしたが、外での撮影には、なかなかの優れものです。
ただし、家の中に置くには、か~な~り邪魔です(^_^;)
屋内用と外拍用とで使い分けると良いでしょう。
スポンサーサイト

来たよ~!
来たよ~!
怖いおぢさんにさらわれて、遠い台湾の空の下、ダイオキシンと化して一条の煙と消えたかと思ったウチのチビ天子、やっと日本に来たよ~!

…と、いうわけで、ご禁制品なので続きはこの後…
つづきを表示

私も譜面台スタンド
今日は久しぶりに出かける予定がなかったので、先週買った譜面台を木偶スタンドに改造しました。
よくわからないけど「KYORITSU CORPORATION」というメーカーのアルミ製譜面台。
3段伸縮で170センチぐらいまで高くなるもの。こんなに高くなってどうするんだと思ったけど、きっとコントラバス奏者のためなんでしょうね。楽器が大きくて、すごく高い椅子に座ってるから譜面台も高くないといけないんだろうな。
そんなクラシック奏者が使うような譜面台をノコギリでギコギコ(^_^;)

詳しい行程は他の人が書いているので省きます。(手抜き)
他の人が書いてなくて、あって便利だったものをちょこっと書いてみます。あまりに初歩的すぎて書いていないだけかもしれませんが、初心者にはお役立ちかも。

《パイプカッター》
譜面台改造スタンドの欠点として「あまり低くできない」というのがあるみたいなので、限界まで低くするためにパイプを切って詰めました。最初は金鋸でやろうと思ってたけど、ダイソーで400円で売ってたので即買い。ステンレスやスチールは切れませんが、私の場合はアルミだったのでスパスパ切れました。でもやっぱり、お座りスタンドほど低くはならなかったね。椅子に腰掛けている姿勢まではできます。

《Cクランプ(またの名を万力》
これもダイソーで購入。これがあるとノコギリ作業がものすごく楽です! テキトーな板きれにCクランプで切断するモノを固定すると、しっかり押さえられるので、グラグラ動いて切り口がボロボロなんてことがなくなります。もっと早くに気付いていれば…(遠目)

《軍手》
私は頭が悪いから、きっと慣れないパイプカッターで手を切ると思ったので(^_^;)
おかげでヤスリでもノコギリでも、アルミ切断面のバリ取りでも手を切らずに済みました。冬場のデジカメ撮影で活躍したのび~る手袋(カラー軍手)を着用。ゴムのドットがついていると滑りません。


私が買ったのは、譜面台とスタンド部分が無段階で角度をつけられるものだったので、これはしめたとギヤ部分は残すことにしました。ラッキーなことにジョイントパーツが軟質プラスチックだったので、余分な部分をノコギリで切ってトルツメ(←印刷業界用語)
接着剤が完全にくっつくのに24時間かかるので、それは明日のお楽しみ(^_^;)
ちゃんとくっつかなかったらお笑いよ。

というわけで接着がうまくいったら完成ですが、はたしてちゃんと機能するのでしょうか?
スタンドが軽いぶん倒れやすそうな気もします。
持ち運びに楽でも、すぐに倒れるスタンドじゃ意味ないよ~(^_^;)




マップル「台湾」に布袋戲頁が
閑話休題。(って、中休みしっぱなしですが)

旅行ガイド「まっぷる・台湾編」を見ていたら、にゃんと布袋戲を楽しもうという主旨の頁がありました!
メジャーなエンタテイメントになったんですかね!? 確かに台湾固有の芸能だとは思うけど。しかもメインで紹介されているのは、小さな伝統木偶じゃなくて電視木偶。どこから持ってきたのか、メインのキャラは誰かわかりませんが、秦假仙と白黒郎君が紹介されていました。例の布袋戲レストランの店内紹介では素還真らしき木偶も。

で、ページの下に役柄の説明がありまして、他で見たのと微妙に説明が違うのは京劇と布袋戲で呼び名が違うのかな。
「獣」「武生」「小旦」etc...と続く中に「雑」ってのがありました。分類できない妖怪とかが「雑」なのはわかるけど、坊主もこの「雑」に分類されるのだそうです。
怒れ坊主ファンよ! 佛剣や一頁書も「雑」なのかー? 「武雑小生」?(殴・本当は武生でしょう)

ちなみに我家には「文生(もしくは文武小生。褒めすぎ?)」「武旦」「小旦」「獣」(え、ヌイグルミはダメ?)がいます。
「武生」も来る予定。(希望的観測)
「丑」は買わないから、面白半分で作ってみようかな。モデルは…

GWの思い出・4/29「ドルショ」
ゴールデンウイークの思い出、まずはドールショウ。
午前中に横浜に行ってしまったため、大遅刻しての参加だったので、あんまり写真がありませんが…(^_^;)

060429_LeiBaiKikyo_s.jpg
まずは涙涙。
今年はイケてる涙痕ズを目指すのだ、と勝手に盛り上がって女の子にモテモテの図。
…うーん、なんだかすごく嫌そうな涙涙(^_^;)
せっかく桔梗さんと2人でいい感じだったのに、ウルサイ小娘が邪魔しに来た?
そういえば桔梗さんも迷惑そうかも…。
お呼びでな~い。こりゃまた失礼しました~(;´Д`A ```

060429_DonDon_s.jpg
どんちゃんでお口直し。
呑ちゃんの肩にどんちゃん乗せて~。
ごめんなさい。クダラナイ駄洒落ネタに使ってしまって…。
でも、渋いカッコイイ呑ちゃん、実はかわいいモノも好きだと思います。

060429_BaiBai5_s.jpg
こちらは黒師匠といい感じで語らっていた白衣王子。
間に割って入るのは気が引けるので、そっと背中に頬を寄せる白露。
背後に立たれて気が付かないはずはないのに、黙ったままの王子。
白露が遅れて来たのに怒っているのか、はたまた師匠との仲を邪魔されて機嫌が悪いのか…。
スミマセン。全ては遅れて行った家主が悪いのです...<( _ _;)>

060429_BaiBai4_s.jpg
「…今、来たのか」
「遅くなってごめんなさい。おかあさんが他に用があったの」
お、どうやら怒ってはいないようです(^_^;) ホッ。

060429_BaiBai21_s.jpg
幸せそうに王子に寄り添う白露。
この後、怒濤のように降りかかるアレやコレやも知らずに…。
あまりにも穏やかな怒濤のゴールデンウイークの幕開けであった…。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
血變や、あんたのカメラにもホワイトバランスがあったらよかったのにねぇ。
蛍光灯の下だとすんごい色だわさ~。

木偶三昧の黄金週間
 4/29:白露を連れてドルショへ
 5/3:白露を連れてLさん宅にて木偶メンテの野次馬
 5/4:白露&美美を連れて公園で外拍
 5/5:美美を連れてドルパへ
 5/6:白露を連れて藤外拍へ
…というわけで見事に木偶三昧のGWでございました。
お天気も良くて、素晴らしい木偶日和でした。我ながらよく遊び倒したもんだ。
4日に藤が撮れなかったリベンジは6日に果たしたし。

下の写真は6日に行った箭弓神社の藤棚の下の白露。Hさんに秘密兵器を借りて、ちょっと舞わせてみました。
がわいぃ~がわいぃ~、白露がわいぃよ~(T□T)
藤棚なのに藤が写ってなくてもかまうもんか~! がわいいよおぉぉぉぉ!
撮影していたら、通りすがりのオバサマに「引田天功さんに似てるわね」と褒められ(?)ました。そうかー、ウチのお姫さまはプリンセス・テンコーだったのかー。言われてみれば似てるような気がしてきたり。前髪とか化粧が濃いとことか人間離れしてるとことか…。
060506_mai1_13-35.jpg

大変申しわけございません
先日のどるしょに来ていた皆様、お疲れさまでした。
おかげさまで大変楽しい思いをさせていただきました。

ところで当日遅刻をした私ですが、その理由について全く何の説明もしていなかったことに気付きました。
待ち合わせをしたRさんに「急に予定が変わったので先に行ってください」と連絡した後、遅刻理由を書いたメールを送ったはずだったのですが、今朝携帯を開けたところ、それがそのまま未送信で残っていました…! 気付いたとたん血の気が引きましたが、後の祭りです(-_-;)
別ブログを見た方はもうご存知でしょうが、半分義理とは言えイベントの二股をかけて遅刻した上に、遅れた理由も説明しないとは、あまりにも失礼なことをしました。
Rさんに至っては、緊急事態でも起きたかと心配までしてくださったのです。
それなのに「遊んでて遅れました~」と脳天気に会場入りしてしまい、てっきりRさんがみんなに説明してくれていると思いこんで、遅刻理由の説明は一切ナシ。
もう、大人として最低です。
本当にごめんなさい。
Copyright © 暁天木偶ぶろぐ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。